水漏れの修理・工事

水漏れ応急処置

水回りの設備から水漏れが起きている場合、まずは一刻も早く水漏れを止める必要があります。
後々修理業者に依頼することがもちろん良いと思いますが、修理業者が来るまでの間、
自分で応急処置をすることで水道料金や被害を最小限に抑えることができます。
まずはどこから水が漏れているかを確認しましょう。
応急処置をする際はどこが原因かで処置内容が変わりますので、順に紹介していきます。
 
給水管から水漏れしている場合
給水管は、蛇口から水を出すために常に水圧が強い状態になっています。
綺麗な水が通っているため、汚れで詰まるということはあまりありませんが、水圧が強いため、
亀裂が入って噴き出すように水が漏れることがあります。
配水管から水漏れしていることがすぐに確認できる場合で、漏れている水の量が少ない場合は、
配水管の周りをタオルで巻き、バケツなどで垂れている水を受け止めましょう。
しかし、配水管の亀裂が激しく、水が大量に噴き出してしまっている場合は、
止水栓を閉めるようにすると良いでしょう。
一般的に止水栓は、水道メーター付近にあります。
急な水漏れの場合、止水栓がすぐに見つからないと水を止めることができませんので、
事前に止水栓の場所を確認しておきましょう。
大元の給水部分を止めることで、無駄な水道料金を払うリスクを回避できます。
しかし、止水栓を止めると、家の中全ての蛇口から水が出なくなってしまうため、
一時的な応急処置に過ぎません。
早めに修理業者に依頼するようにしましょう。
 
排水管から水漏れしている場合
排水管は、洗面所やトイレ、キッチン、お風呂などで使用した後の水を外部へ排出させる管です。
給水管と違い、常に水が入っているわけではなく、水を使用したときのみ水が通ります。
髪の毛や石鹸カスなどの汚れが溜まることによってつまりが発生し、
それが原因で水が流れなくなり、水漏れする場合があります。
常にチョロチョロ水漏れしているわけではなく、水を使ったときのみ水漏れしている場合は、
排水管の故障が考えられます。
一時的な応急処置として、修理業者に修理しに来てもらうまで、
水漏れが考えられる設備を使用しない
ようにすれば水漏れしません。
排水管からの水漏れの場合、汚れた水が漏れるため、悪臭を放つ場合がありますので、
なるべく使用しないようにすると良いでしょう。
 
蛇口から水漏れしている場合
蛇口の中にはいくつかの部品が入っています。蛇口をひねる部分から水が漏れている場合は、
ナットが緩んでいる可能性や、ナットやパッキンが破損している可能性が考えられます。
ひねるタイプのハンドルであれば、ハンドル部分を外し、
内部のナットを締め直して水漏れが止まるか試してみてください。
しかし、それでも水が止まらない場合は止水栓を止めるようにしましょう。
また、下げ止め式レバーハンドルの場合は素人で応急処置をすることが難しいため、
止水栓を止めるしかありません。
 

水漏れ修理DIY

賃貸物件で水漏れが起こったときに大家さんや管理会社に連絡すると、「自分で修理してください」
と言われることがあります。
また、一戸建て住宅や分譲住宅などは、もちろん自分で修理しなければなりません。
水漏れが起こったときには、水道修理業者に依頼して修理してもらうことが一番良いと思いますが、
一般的に水漏れ調査や修理にかかる費用は、5,000円以上かかる場合が多いです。
給水管や排水管などの修理は、自分で行うと余計に破損する場合もあるため、
修理業者に依頼することをお勧めします。
しかし、蛇口内部のナットやパッキンが破損しているだけの場合は、自分で修理できる場合もあります。
ナットやパッキンは消耗品のため、錆びたりして亀裂が入り、水圧に耐えきれなくなってしまい、
その結果水漏れに繋がります。
ナットやパッキンは、ホームセンターなどで購入できるため、
メーカーや型番を間違えないようにさえすれば、意外と簡単に修理できます。
自分で修理を行う際は、止水栓を必ず閉めてから行うようにしましょう。
止水栓を閉めずに修理を始めてしまうと、パーツを分解したときに水が噴き出してしまい、
水浸しになってしまうためです。
修理方法は、蛇口の形や年代にもよって変わるため、古いパーツを外した通りに
新しいパーツをはめていけば間違いないでしょう。
ナットを閉める場合は、パーツが破損してしまう可能性が高いため、
あまりきつく締めすぎないように気をつけましょう。
パーツを全て付け終わったら止水栓を開け、水が漏れないか確認し、漏れなければ作業は終了です。
新しいパーツに変えても水が漏れる場合は、違う部分に原因があるか、
修理方法が間違っている可能性があるため、速やかに修理業者に依頼するようにしましょう。


修理代金

水漏れが起こり、どうしても自分で修理できないとなったときに依頼するのが、水道修理業者です。
住んでいる地域の水道局に連絡をしても大きな修理はできませんし、
建物の管理会社も専門知識があるわけではないため、修理まではできません。
水道修理業者に依頼をすれば、蛇口の修理ぐらいであれば5,000円前後で修理してもらえます。
もちろん、配管修理になったり、蛇口、キッチン、トイレを丸ごと交換しなければならない場合は、
費用はもっと高額になります。
業者によっては、基本料金や出張料金がかかる業者もあります。
そのため、基本料金や見積もり代金、出張料金がかからない業者に依頼すると、
全体の費用を安く抑えることができるでしょう。
水漏れがさほど酷くなく時間に余裕がある場合は、電話で問い合わせる際に大体の料金を聞いてみて、
他の業者とも比較する方が良いかもしれません。

水漏れ修理